Materials &
Technique

Peridotペリドット
8月の誕生石

8月の誕生石

古代エジプトの王朝では「太陽の石」と呼ばれるほど特に愛され、歴代の王達が好んで王冠に使用したと言われているペリドット。鉱物学名は「オリビン」といいます。

語源は同じ緑色の鉱物「エピドート」からきているのでは、と言われていて、薄暗い人工光などの照明の下で一際輝くことから、別名「イブニング・エメラルド」とも呼ばれています。”太陽の石”と言われるごとく、ネガティブなエネルギーを取り除き、ポジティブなエネルギーをもたらしてくれます。
夜に輝きを放つとされるペリドットは、暗闇への恐怖や妄想を吹き飛ばし、ネガティブなエネルギーから身を守る護符としても、活躍してくれるでしょう。

ルビーのように、無色透明の「コランダム」の中に酸化クロムという内包物が入り込んで赤色に染まるというような、主成分の中に入った他の物質によって色が変わる宝石は多いのですが、ペリドットは純粋な鉱物の状態で美しい黄緑色をしている稀な石です。その為、トルマリンやガーネットなどのように色に富まず、この黄緑色のみとなります。前者のようなグループを「他色」、ペリドットのように、主成分が地色に大きく影響する石を「自色」と呼びます。

一覧へ戻る

英名
Peridot
和名
橄欖石(かんらんせき)
石言葉
夫婦の幸福、平和、安心、幸福
主な産地
メリカ(アリゾナ州、メキシコ州、ハワイ州)、中国、ミャンマー、パキスタン、メキシコ、オーストラリアなど
組成
Mg2(SiO4)とFe2+2(SiO4) の固溶体
(フォルステライト)黄緑色~緑色 (ファイヤライト)褐緑色~黒色
光沢
ガラス光沢
条痕色
白色
結晶系
斜方晶系
へき開
弱ないし不完全
硬度
6.5~7.0
比重
3.22~3.45

古代エジプトの王朝では「太陽の石」と呼ばれるほど特に愛され、歴代の王達が好んで王冠に使用したと言われているペリドット。鉱物学名は「オリビン」といいます。

語源は同じ緑色の鉱物「エピドート」からきているのでは、と言われていて、薄暗い人工光などの照明の下で一際輝くことから、別名「イブニング・エメラルド」とも呼ばれています。”太陽の石”と言われるごとく、ネガティブなエネルギーを取り除き、ポジティブなエネルギーをもたらしてくれます。
夜に輝きを放つとされるペリドットは、暗闇への恐怖や妄想を吹き飛ばし、ネガティブなエネルギーから身を守る護符としても、活躍してくれるでしょう。

ルビーのように、無色透明の「コランダム」の中に酸化クロムという内包物が入り込んで赤色に染まるというような、主成分の中に入った他の物質によって色が変わる宝石は多いのですが、ペリドットは純粋な鉱物の状態で美しい黄緑色をしている稀な石です。その為、トルマリンやガーネットなどのように色に富まず、この黄緑色のみとなります。前者のようなグループを「他色」、ペリドットのように、主成分が地色に大きく影響する石を「自色」と呼びます。

英名
Peridot
和名
橄欖石(かんらんせき)
石言葉
夫婦の幸福、平和、安心、幸福
主な産地
メリカ(アリゾナ州、メキシコ州、ハワイ州)、中国、ミャンマー、パキスタン、メキシコ、オーストラリアなど
組成
Mg2(SiO4)とFe2+2(SiO4) の固溶体
(フォルステライト)黄緑色~緑色 (ファイヤライト)褐緑色~黒色
光沢
ガラス光沢
条痕色
白色
結晶系
斜方晶系
へき開
弱ないし不完全
硬度
6.5~7.0
比重
3.22~3.45

宝石について

Products

Custom Jewelry

世界に一つだけの特別なジュエリー

自由気ままに自分らしく
あなただけの個性と感性
大自然が育んだ普遍的な輝きと不思議な力
自分で仕立て身に着ける

カスタマイズをはじめる