Materials &
Technique

Emeraldエメラルド

5月の誕生石

エメラルドはダイヤモンドなどと並び、世界四大宝石の一つとして非常に有名な石です。
紀元前4000年頃のバビロニアで使われていたのが記録に残る最も古いものです。

鉱物としてはアクアマリンと同じベリルグループに属し、クロムを発色原因とします。しかし、ベリルグループの中でも極めて産出量が少なく、良質の物は小さな結晶にしか成長しません。 エメラルドは内部に多くの傷を持つのが特徴で、液体、固体、気体の三つの相があります。

エメラルド鉱山の多くはかつては海底にあったため、インクルージョンとして岩塩の結晶や塩水を含むものも多くあります。更に気泡が入っている物を三相インクルージョンと呼び、神秘的な美しさから非常に高い人気を持っています。硬度は高い石なのですが、非常に割れやすく、取り扱いには十分な注意が必要です。

コロンビア産のエメラルドは、「柔らかく美しいグリーン」であることが特徴です。
特にムゾー鉱山から採掘されたエメラルドは最高級エメラルドとして「カシミール産サファイア」「モゴック産ルビー」と共に「最も貴重なカラーストーン」に数えられるほどであり、希少性によっては同カラットのダイヤモンドより高額になるケースがあります。ザンビア産のエメラルドは、「ブルーが強い緑色」が特徴的です。
コロンビア産と比較して、グリーン色の深みに欠けるものが多いとされ、カラット数が大きい物は美しさに欠けると評されることも。
ただし、ジュエリーやアクセサリーに使う0.5カラット程度のサイズの物には、魅力的なエメラルドがあるため、主力として用いられています。

エメラルドは古くから「富・権力の象徴」「未来を予言する力を持つ石」「愛を保つ石」として重宝されてきたパワーストーンの一つ。
幸運を招く石として、エメラルドのアクセサリーをお守り代わりに身に付けたりするのもオススメです。

エメラルドには「永遠の若さ」と「再生」の石言葉があります。
若々しく生きるパワー・生命エネルギー、グンと運を上昇させ押し上げる力です。また、幸運の宝石の意味があり「富、健康、幸福、運を生み出す」といったイメージを持ちます。エメラルドの宝石言葉は、「幸運・愛情・安定・希望」などで、前向きな未来を意味しています。

一覧へ戻る

英名
Emerald
和名
翠玉(すいぎょく)・緑玉(りょくぎょく)
石言葉
幸福、誠実、永遠の若さ、再生
主な産地
ザンビア、コロンビア、サンダワナなど
組成
Be3Al2Si6O18
グリーン(エメラルドグリーン)
へき開
あり
硬度
7.5~8
比重
2.6~2.8

エメラルドはダイヤモンドなどと並び、世界四大宝石の一つとして非常に有名な石です。
紀元前4000年頃のバビロニアで使われていたのが記録に残る最も古いものです。

鉱物としてはアクアマリンと同じベリルグループに属し、クロムを発色原因とします。しかし、ベリルグループの中でも極めて産出量が少なく、良質の物は小さな結晶にしか成長しません。 エメラルドは内部に多くの傷を持つのが特徴で、液体、固体、気体の三つの相があります。

エメラルド鉱山の多くはかつては海底にあったため、インクルージョンとして岩塩の結晶や塩水を含むものも多くあります。更に気泡が入っている物を三相インクルージョンと呼び、神秘的な美しさから非常に高い人気を持っています。硬度は高い石なのですが、非常に割れやすく、取り扱いには十分な注意が必要です。

コロンビア産のエメラルドは、「柔らかく美しいグリーン」であることが特徴です。
特にムゾー鉱山から採掘されたエメラルドは最高級エメラルドとして「カシミール産サファイア」「モゴック産ルビー」と共に「最も貴重なカラーストーン」に数えられるほどであり、希少性によっては同カラットのダイヤモンドより高額になるケースがあります。ザンビア産のエメラルドは、「ブルーが強い緑色」が特徴的です。
コロンビア産と比較して、グリーン色の深みに欠けるものが多いとされ、カラット数が大きい物は美しさに欠けると評されることも。
ただし、ジュエリーやアクセサリーに使う0.5カラット程度のサイズの物には、魅力的なエメラルドがあるため、主力として用いられています。

エメラルドは古くから「富・権力の象徴」「未来を予言する力を持つ石」「愛を保つ石」として重宝されてきたパワーストーンの一つ。
幸運を招く石として、エメラルドのアクセサリーをお守り代わりに身に付けたりするのもオススメです。

エメラルドには「永遠の若さ」と「再生」の石言葉があります。
若々しく生きるパワー・生命エネルギー、グンと運を上昇させ押し上げる力です。また、幸運の宝石の意味があり「富、健康、幸福、運を生み出す」といったイメージを持ちます。エメラルドの宝石言葉は、「幸運・愛情・安定・希望」などで、前向きな未来を意味しています。

英名
Emerald
和名
翠玉(すいぎょく)・緑玉(りょくぎょく)
石言葉
幸福、誠実、永遠の若さ、再生
主な産地
ザンビア、コロンビア、サンダワナなど
組成
Be3Al2Si6O18
グリーン(エメラルドグリーン)
へき開
あり
硬度
7.5~8
比重
2.6~2.8

宝石について

Products

Custom Jewelry

世界に一つだけの特別なジュエリー

自由気ままに自分らしく
あなただけの個性と感性
大自然が育んだ普遍的な輝きと不思議な力
自分で仕立て身に着ける

カスタマイズをはじめる