Materials &
Technique

Agateメノウ

日本では、「瑪瑙(めのう)」と呼ばれています。アゲートは微細な石英の結晶が集まってできた石で、カルセドニと基本的に同じ鉱物なのですが、色むらが少なく一定のものをカルセドニ、縞などの模様が存在するものをアゲートと呼び、区別しています。半貴石という位置にランクしています。

しかし天然物の複雑で美しい模様には大変魅力が詰まっており、絵画のような模様を持つものはピクチャーめのうと呼ばれ近年人気があります。

火山性のものと堆積製のものと大きく分けて二種類があるアゲートですが、どちらも水晶と同じでモース高度は7と非常に硬く、割れると鋭利な形になるためヨーロッパ地方では古くはやりなどの石器武器として活用されていた時代もありました。

アゲートの表面には無数の穴が開いており、着色料で染めると簡単に美しい色に変化させることができる為、市場で流通している大半が人工加工が施されたものです。加工のしやすさ、色合いの楽しさから、他の宝石と組み合わせたりと、人気のある石です。

めのうは誕生石には属しませんが、楽しい色合いや模様で和ませたり、持つ人にリラックス効果を与え、心身ともにエネルギーを満たしてくれる効果があるといわれてきました。
その為、健康運のアップ、ストレスや不安などのマイナスエネルギーを解消させるのに適している石です。

一覧へ戻る

英名
Agate
和名
瑪瑙(めのう)
組成
SiO2
白色、灰色、褐色、赤色、黄色、青色、緑色、青色、黒色
結晶系
六方晶系(潜晶質)
硬度
7
比重
2.57~2.64

日本では、「瑪瑙(めのう)」と呼ばれています。アゲートは微細な石英の結晶が集まってできた石で、カルセドニと基本的に同じ鉱物なのですが、色むらが少なく一定のものをカルセドニ、縞などの模様が存在するものをアゲートと呼び、区別しています。半貴石という位置にランクしています。

しかし天然物の複雑で美しい模様には大変魅力が詰まっており、絵画のような模様を持つものはピクチャーめのうと呼ばれ近年人気があります。

火山性のものと堆積製のものと大きく分けて二種類があるアゲートですが、どちらも水晶と同じでモース高度は7と非常に硬く、割れると鋭利な形になるためヨーロッパ地方では古くはやりなどの石器武器として活用されていた時代もありました。

アゲートの表面には無数の穴が開いており、着色料で染めると簡単に美しい色に変化させることができる為、市場で流通している大半が人工加工が施されたものです。加工のしやすさ、色合いの楽しさから、他の宝石と組み合わせたりと、人気のある石です。

めのうは誕生石には属しませんが、楽しい色合いや模様で和ませたり、持つ人にリラックス効果を与え、心身ともにエネルギーを満たしてくれる効果があるといわれてきました。
その為、健康運のアップ、ストレスや不安などのマイナスエネルギーを解消させるのに適している石です。

英名
Agate
和名
瑪瑙(めのう)
組成
SiO2
白色、灰色、褐色、赤色、黄色、青色、緑色、青色、黒色
結晶系
六方晶系(潜晶質)
硬度
7
比重
2.57~2.64

宝石について

Products

Custom Jewelry

世界に一つだけの特別なジュエリー

自由気ままに自分らしく
あなただけの個性と感性
大自然が育んだ普遍的な輝きと不思議な力
自分で仕立て身に着ける

カスタマイズをはじめる