Materials &
Technique

Carnelianカーネリアン

7月の誕生石

語源はラテン語で"新鮮"という意味の「carneolus」とも言われています。
古くから世界中の人々の間で使用されてきた石で、古代エジプトでは「幸運を呼ぶ石」として身につけられていました。古くからパワーストーンとして認識され、メソポタミアや古代エジプトの遺跡からも、カーネリアンを使った装飾品が発見されています。
特に幸運のお守りとして、古代エジプトの人々に愛されていました。古い物では紀元前2000年以上も前の王墓から、この石が発掘されているそうです。勇気と行動力を与えて、幸運を呼び寄せると信じられており、中でも、かのナポレオンがカーネリアンで八角形の印章を作り、生涯身につけていたという話はとても有名です。

クォーツの変種であるカーネリアンは「カルセドニー」の一種で、特に赤色が強いものをいいます。 「カルセドニー」自体は微小なクォーツの結晶が集まり、塊状になった鉱物です。「カルセドニー」(玉髄)の中でも 赤色のものを「カーネリアン」。
黄色味のある淡緑色のものを「クリソプレーズ」。
淡青色のものを「ブルーカルセドニー」。
褐色の強いものを「サード」と種別されます。
そして「カルセドニー」の中でも、縞模様があったり、インクルージョンが見られるものは「アゲート」(めのう)と呼ばれます。

一覧へ戻る

英名
Carnelian
和名
玉髄(ぎょくずい)
石言葉
勇気、友情、連帯、喜び、落ち着き、精神バランス
主な産地
インド(グジャラート州)、ブラジルなど
組成
SiO2
赤色、褐色、オレンジ色
結晶系
六方晶系(潜晶質)
硬度
7
比重
2.57~2.64

語源はラテン語で"新鮮"という意味の「carneolus」とも言われています。
古くから世界中の人々の間で使用されてきた石で、古代エジプトでは「幸運を呼ぶ石」として身につけられていました。古くからパワーストーンとして認識され、メソポタミアや古代エジプトの遺跡からも、カーネリアンを使った装飾品が発見されています。
特に幸運のお守りとして、古代エジプトの人々に愛されていました。古い物では紀元前2000年以上も前の王墓から、この石が発掘されているそうです。勇気と行動力を与えて、幸運を呼び寄せると信じられており、中でも、かのナポレオンがカーネリアンで八角形の印章を作り、生涯身につけていたという話はとても有名です。

クォーツの変種であるカーネリアンは「カルセドニー」の一種で、特に赤色が強いものをいいます。 「カルセドニー」自体は微小なクォーツの結晶が集まり、塊状になった鉱物です。「カルセドニー」(玉髄)の中でも 赤色のものを「カーネリアン」。
黄色味のある淡緑色のものを「クリソプレーズ」。
淡青色のものを「ブルーカルセドニー」。
褐色の強いものを「サード」と種別されます。
そして「カルセドニー」の中でも、縞模様があったり、インクルージョンが見られるものは「アゲート」(めのう)と呼ばれます。

英名
Carnelian
和名
玉髄(ぎょくずい)
石言葉
勇気、友情、連帯、喜び、落ち着き、精神バランス
主な産地
インド(グジャラート州)、ブラジルなど
組成
SiO2
赤色、褐色、オレンジ色
結晶系
六方晶系(潜晶質)
硬度
7
比重
2.57~2.64

宝石について

Products

Custom Jewelry

世界に一つだけの特別なジュエリー

自由気ままに自分らしく
あなただけの個性と感性
大自然が育んだ普遍的な輝きと不思議な力
自分で仕立て身に着ける

カスタマイズをはじめる