Materials &
Technique

Coralサンゴ

6月の誕生石

サンゴには大きく分けて、2つ種類があります。
1つは宝石珊瑚。海が育む神秘の宝石として、水深100m~300m、あるいは1000m前後で成長し、冷たい深海で数百年かけてゆっくりと成長します。対して、お土産で人気があるサンゴは、浅瀬の海岸で見られる造礁珊瑚です。
この2つは全くの別物です。珊瑚は鉱物でも植物でもありません。サンゴ虫(さんごちゅう)と呼ばれる生物に由来します。
このサンゴ虫は「ポリプ」の群体を構成し、ポリプはサンゴ虫・イソギンチャクなどの刺胞動物の体の構造を指し、一か所に定着して触手を広げる生育形態です。
このポリプの段階で樹枝状の骨格(カルサイト)を作り出すのですが、これが珊瑚となります。 宝石になる珊瑚、珊瑚礁を形成するものなどに分類されますが、これはサンゴ虫の種類によって決まります。

珊瑚は海という自然が独力で作った奇跡の贈り物。優しく柔らかな表情が美しい自然を想像させてくれるのも愛される理由の一つです。なかでも高知県の海で採れる宝石珊瑚は世界一美しいと言われています。

宝石珊瑚(貴重珊瑚)を形成するのは、八放(はっぽう)サンゴと呼ばれる、八本の触手を持つサンゴ虫です。
珊瑚礁をつくるのは石サンゴと呼ばれる、六本またはその倍数の触手を持つサンゴ虫です。 サンゴ虫が作るカルサイト、すなわち珊瑚は、主成分は真珠と同じ炭酸カルシウムとなります。
カルサイトは少しずつ、ゆっくりと年月をかけて成長し、原木を作り上げていきます。
成長が止まると今度は海中の微生物によって浸食されてしまい、分解後、消滅してしまうことも、珊瑚がなかなか採れないことに繋がります。

種別としては、「赤珊瑚/アカサンゴ」、「紅珊瑚/ベニサンゴ」、「桃色珊瑚/モモイロサンゴ」、「白珊瑚/シロサンゴ」等があり、日本や中国等では赤珊瑚、ヨーロッパでは桃色珊瑚に人気があります。
血赤珊瑚は、日本が誇る特産品の一つです。そんな血赤珊瑚は、日本の小笠原諸島や五島列島、奄美黄島が産地として知られています。もともと中国や台湾で、赤は縁起の良い色とされている人気の色。中国・台湾の富裕層から赤珊瑚人気の火がつき、需要の増大とともに、年々その取引価格も大幅な値上がりを見せています。

また、資産的価値の高さではその美しさと希少価値で、赤珊瑚に軍配があがります。中世ヨーロッパでは厄除け効果があり、あらゆる悪から守ってくれる「幸福の石」と信じられていました。
珊瑚が持つ赤の美しさは戦のすえ滴り落ちた血液から誕生したとも言われています。

一覧へ戻る

英名
Coral
和名
珊瑚(さんご)
石言葉
幸福、長寿、知恵
主な産地
日本、台湾、ミッドウェー近海、地中海など
白、ピンク、橙、赤、黒など
結晶系
非晶質
硬度
3.5~4

サンゴには大きく分けて、2つ種類があります。
1つは宝石珊瑚。海が育む神秘の宝石として、水深100m~300m、あるいは1000m前後で成長し、冷たい深海で数百年かけてゆっくりと成長します。対して、お土産で人気があるサンゴは、浅瀬の海岸で見られる造礁珊瑚です。
この2つは全くの別物です。珊瑚は鉱物でも植物でもありません。サンゴ虫(さんごちゅう)と呼ばれる生物に由来します。
このサンゴ虫は「ポリプ」の群体を構成し、ポリプはサンゴ虫・イソギンチャクなどの刺胞動物の体の構造を指し、一か所に定着して触手を広げる生育形態です。
このポリプの段階で樹枝状の骨格(カルサイト)を作り出すのですが、これが珊瑚となります。 宝石になる珊瑚、珊瑚礁を形成するものなどに分類されますが、これはサンゴ虫の種類によって決まります。

珊瑚は海という自然が独力で作った奇跡の贈り物。優しく柔らかな表情が美しい自然を想像させてくれるのも愛される理由の一つです。なかでも高知県の海で採れる宝石珊瑚は世界一美しいと言われています。

宝石珊瑚(貴重珊瑚)を形成するのは、八放(はっぽう)サンゴと呼ばれる、八本の触手を持つサンゴ虫です。
珊瑚礁をつくるのは石サンゴと呼ばれる、六本またはその倍数の触手を持つサンゴ虫です。 サンゴ虫が作るカルサイト、すなわち珊瑚は、主成分は真珠と同じ炭酸カルシウムとなります。
カルサイトは少しずつ、ゆっくりと年月をかけて成長し、原木を作り上げていきます。
成長が止まると今度は海中の微生物によって浸食されてしまい、分解後、消滅してしまうことも、珊瑚がなかなか採れないことに繋がります。

種別としては、「赤珊瑚/アカサンゴ」、「紅珊瑚/ベニサンゴ」、「桃色珊瑚/モモイロサンゴ」、「白珊瑚/シロサンゴ」等があり、日本や中国等では赤珊瑚、ヨーロッパでは桃色珊瑚に人気があります。
血赤珊瑚は、日本が誇る特産品の一つです。そんな血赤珊瑚は、日本の小笠原諸島や五島列島、奄美黄島が産地として知られています。もともと中国や台湾で、赤は縁起の良い色とされている人気の色。中国・台湾の富裕層から赤珊瑚人気の火がつき、需要の増大とともに、年々その取引価格も大幅な値上がりを見せています。

また、資産的価値の高さではその美しさと希少価値で、赤珊瑚に軍配があがります。中世ヨーロッパでは厄除け効果があり、あらゆる悪から守ってくれる「幸福の石」と信じられていました。
珊瑚が持つ赤の美しさは戦のすえ滴り落ちた血液から誕生したとも言われています。

英名
Coral
和名
珊瑚(さんご)
石言葉
幸福、長寿、知恵
主な産地
日本、台湾、ミッドウェー近海、地中海など
白、ピンク、橙、赤、黒など
結晶系
非晶質
硬度
3.5~4

宝石について

Products

Custom Jewelry

世界に一つだけの特別なジュエリー

自由気ままに自分らしく
あなただけの個性と感性
大自然が育んだ普遍的な輝きと不思議な力
自分で仕立て身に着ける

カスタマイズをはじめる