Materials &
Technique

Moonstoneムーンストーン

6月の誕生石

語源は、透明度の高い石にカボション・カットを施すことによって得られる青色や白色の光沢を月光に見立てたことに由来します。

特に青色のシラー効果をもつものを「ブルームーンストーン」と呼び、ムーンストーンの主要産地はインドとスリランカです。

その他にはブラジルやミャンマー、マダガスカル、タンザニアなども原産地として挙げられます。スリランカにあるペグマタイト鉱床では、透明度が高く、鮮やかな青色のゆらめき、虹の輝きを放つ高品質のムーンストーンが採掘されています。しかし年々採れる量が減り、希少価値が高い鉱石として、近年コレクターの間でも注目されています。

元来、スリランカで稀に産出する淡い青色のムーンストーンをブルームーンストーンを呼んでいましたが、その後、インドなどで産出される長石もブルームーンストーンと呼ばれるようになった為、特にスリランカ産の青色のシラーがでる美しいムーンストーンを「ロイヤルブルームーンストーン」と呼び、オーストリアのアデュラー山脈で産出されているものは、透明感が高く青く美しい光を放つため「アデュラリアンムーンストーン」と呼ばれています。

古代からムーンストーンには、悪霊を祓い、予知能力を高め、ストレスを和らげ、愛をもたらすと信じられていて、また様々な変化に合わせて調子を整え、心を解きほぐし、大らかな気持ちにさせてくれるヒーリングストーンとしても愛されてきました。

6月の誕生石には、その他、海底で、長い時間をかけてはぐくまれる宝石真珠や「昼はエメラルド」「夜はルビー」と呼ばれるように、昼と夜で色が変わる希少石のアレキサンドライトもあります。

一覧へ戻る

英名
Moonstone
和名
月長石
石言葉
愛の予感、純粋な愛
主な産地
インド、スリランカなど
組成
KAlSi3O8
乳白色、淡青色、淡緑色、帯橙桃色、淡灰緑色、淡灰色
結晶系
単斜晶系
硬度
6〜6.5
比重
2.5〜2.6

語源は、透明度の高い石にカボション・カットを施すことによって得られる青色や白色の光沢を月光に見立てたことに由来します。

特に青色のシラー効果をもつものを「ブルームーンストーン」と呼び、ムーンストーンの主要産地はインドとスリランカです。

その他にはブラジルやミャンマー、マダガスカル、タンザニアなども原産地として挙げられます。スリランカにあるペグマタイト鉱床では、透明度が高く、鮮やかな青色のゆらめき、虹の輝きを放つ高品質のムーンストーンが採掘されています。しかし年々採れる量が減り、希少価値が高い鉱石として、近年コレクターの間でも注目されています。

元来、スリランカで稀に産出する淡い青色のムーンストーンをブルームーンストーンを呼んでいましたが、その後、インドなどで産出される長石もブルームーンストーンと呼ばれるようになった為、特にスリランカ産の青色のシラーがでる美しいムーンストーンを「ロイヤルブルームーンストーン」と呼び、オーストリアのアデュラー山脈で産出されているものは、透明感が高く青く美しい光を放つため「アデュラリアンムーンストーン」と呼ばれています。

古代からムーンストーンには、悪霊を祓い、予知能力を高め、ストレスを和らげ、愛をもたらすと信じられていて、また様々な変化に合わせて調子を整え、心を解きほぐし、大らかな気持ちにさせてくれるヒーリングストーンとしても愛されてきました。

6月の誕生石には、その他、海底で、長い時間をかけてはぐくまれる宝石真珠や「昼はエメラルド」「夜はルビー」と呼ばれるように、昼と夜で色が変わる希少石のアレキサンドライトもあります。

英名
Moonstone
和名
月長石
石言葉
愛の予感、純粋な愛
主な産地
インド、スリランカなど
組成
KAlSi3O8
乳白色、淡青色、淡緑色、帯橙桃色、淡灰緑色、淡灰色
結晶系
単斜晶系
硬度
6〜6.5
比重
2.5〜2.6

宝石について

Products

Custom Jewelry

世界に一つだけの特別なジュエリー

自由気ままに自分らしく
あなただけの個性と感性
大自然が育んだ普遍的な輝きと不思議な力
自分で仕立て身に着ける

カスタマイズをはじめる